読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zillog

WEB担当者&ゲーマーの日常ブログ

「日本映画は、レベルが本当に低い!」が話題になっていますが。

www.sankei.com

この話題について思うところがあったので書いておこうかと。
まず、外国の方が見ても実写映画化した進撃の巨人は「レベルが低い」と思うことに安心した。
「ですよねー」としか言えないけど、海外の評価とか見たことがなかったから、酷評が国内だけの反応かとちょっと不安だった。
海外の評価って気になりませんか?どんな風に思ってるんだろうって。

「日本映画の大作、例えば『進撃の巨人』はアメリカのテレビドラマっぽくてすごくレベルが低い。何でみんな恥ずかしくないの?」

正直に言うと観てない。PVは観ましたが、映画館で観ようという気が全く起きなかったw
観てないのに、批判するのはフェアじゃないので、この内容について感想は書かきません。そのうちツタヤで借りてみようかと思います。
まぁ、SNSをやっていれば自然と批判的な感想を多く見かけましたが、まぁ原作ファンにとってはショッキングな出来だったことは知っていますw

興行収入を観てると・・・。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 32.5億円
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 16.8億円

http://www.eiren.org/toukei/img/eiren_kosyu/data_2015.pdf

前編と後編の差がすごいw
それだけ、前編でガッカリした人が多かったということなのかな?
前編が8月公開で、後編が翌月の9月って、観る側のお財布にも優しくないような気がします。
公開当初は、話題性もあって「50億円はいくのでは?」なんて予想も出ていましたが、あまり伸びなったようですね。

日本映画が衰退している一因で“その通り”と思ったのは「映画評論家が『この映画はだめ』と言わないこと」という指摘だ。

私もその通りだと思う。どんどん言ったらいいと思うのだけど。。。
これも進撃の話しですが、映画評論家の前田有一氏のダメ出し批評に対して、監督がキレちゃうとかいう例もあるから、めんどくさいし仕事に支障がでる可能性を考えた言わないのかな。 というか、一般人でもお金払って観たのなら、批判だろうが言ったり書いたりするすれば言いと思うんだけど。

これに関連したこの方の記事も読みました。言われてみればそうかもっていう内容。

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

大変勉強になりました。

日本映画うんぬん以前の話かもしれませんが、映画離れ・映画館離れの方が深刻な気もする。。。