読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zillog

WEB見習いマン&ゲーマーのメモ用ブログ

【映画】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーを観てきました

先日、IMAX3D版『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を観てきました。
3連休・新宿ということもあって、ほぼ満席でした。
以下、ネタバレを含みますのでご注意ください。

starwars.disney.co.jp

内容については、超絶絶賛するほどでもないけど、面白かったです。
ストーリーとしては、究極兵器デス・スター開発と設計図が盗まれるというもので、『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の10分前までを描いた映画です。

良かったところ

数年前に2回目のエピソード4を観ましたが、けっこうツッコミどころが多かった記憶があります。

  • すでに「デス・スター」の設計図が盗まれている

  • 究極兵器っていうわりに、リアクターを破壊すると木っ端微塵になるという弱点がある

当時「帝国ってバカなのかな?」なんて思った記憶がありますw
しかし、ローグ・ワンを観ると、
「設計図を入手するのに、こんな苦労したのか。。。」
「弱点にはこんな理由が!」
なんて全然違った印象を受けますよ!
後付け設定とはいえ、ちゃんと繋がっています。さすがです!

残念だったところ

ストーリーなだけに、フォース使いがダースベイダー以外、出てこなかったのが残念! そういう点ではエピソード7の方がワクワクしたかなぁ。

あと、主人公のジンとソウ・ゲレラが絡むシーンが少なかったかなぁ。
再会して、間もなく死んじゃうし。。。
フォレスト・ウィティカーがちょい役ぐらいの扱いだったような。

おまけ

ローグ・ワンの最後にレイア姫が設計図をもって、脱出するシーンがあるのですが、たしかエピソード4開始時点では、レイア姫は帝国に捕まっているんですよね。
捕まったので、R2-D2に設計図を託すんですよね。 ということは、レイア姫はすぐに捕まっちゃうってことなんですかねw

それと、レイヤ姫と帝国のターキン提督がすごい似てたなぁ~半分CGとは言え、すごい技術の進歩ですね!